最近はMTGオンリー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は環境最強デッキ、征竜について語ります
このデッキは簡単に言うと、リソースが尽きないように手札を使いながらドラゴンを並べるデッキです
純粋にデッキパワーが高い上にメタカードを投入出来る枠が多いのが強味です

魔道、ヴェルズに対してはロックされるのが基本的な負け筋になるのでそれをいかに突破するか
ミラーでは1キル、ロック、クレブレ等色々と勝ち筋、負け筋があるので難しいです




先ず構築面から

□モンスター
・瀑征竜-タイダル3枚
・嵐征竜-テンペスト3枚
・巌征竜-レドックス3枚
・焔征竜-ブラスター3枚

いわゆる征竜と言われる部分です
全部3枚投入します、しない理由はないです


・風征竜-ライトニング2枚
・地征竜-リアクタン2枚
・炎征竜-バーナー2枚
・水征竜-ストリーム2枚

子征竜です
リソースを増やすための最重要カードです
ほとんどの人が4色2枚積みです


・増殖するG
・ドロール&ロックバード
・エフェクト・ヴェーラー

手札誘発の防御札です
増殖するGはミラー、ドロールは対魔道、ヴェーラーはその中間的な存在です
征竜というデッキの性質上、本来のカードの使い道以外に効果のコストにもなるので腐りません
又、罠カードよりも超再生能力と相性が良いです

枚数に関しては好みが別れる所です
個人的にはドロールとGは3枚確定で投入したいです



・封印の黄金棺
・七星の宝刀

優秀なサポートカードです
それぞれ長所短所があり、合計が3~4枚程度になるようにデッキに投入するのがいいでしょう

・封印の黄金棺
長所:
足りない征竜の色を確実に増やす事が出来る
1ターンに何枚でも打てる
1枚で腐る事なく働く
ソウルドレインをチェーンされても、代わりに魔法罠を除外する事で損をしない

短所:
特になし

・七星の宝刀
長所:
メタカードを引き込む確率を上げる事が出来る
打つだけで即1アド

短所:
1ターンに1枚しか打てない
征竜とセットじゃないと打てない
モンスターが少ないハンドの時に打ちずらい



パワーの宝刀、安定の黄金棺といった感じ


・超再生能力
説明不要の最強サポートカード。3積み確定枠

・手札抹殺
超再生と相性のいいこのカードも、採用しない理由がありません

・大嵐
・ブラックホール
・月の書
汎用枠
特に魔道には効果大


◆選択枠◆

・竜の渓谷
・ドラグニティ-コルセスカ
・光と闇の竜
・レッドアイズダークネスメタルドラゴン
・エクリプスワイバーン

竜の渓谷のシナジーを生かしたカード達

コルセスカは渓谷でサーチ可能なレベル1チューナー

光と闇の竜は相手のリソースを大量に消耗させる事が出来る優秀なカードです
ただし特定のカードに弱く、裏目もある相手依存なカード

エクリプスワイバーンはレダメとライダーをサーチする事が出来ます



・ブレイクスルースキル
・異次元からの帰還
・強制脱出装置
・闇のデッキ破壊ウイルス

征竜には特別罠を入れる理由はないが、やはり強力
枠があれば投入しておきたいカード達
闇ウイルスはサイド、メイン合わせて3枚は確定
帰還はミラーにおいて絶大な威力を発揮します
又、カイクウによるロックにも強いです


続く
スポンサーサイト

【2013/06/04 10:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。